今や人手不足が経営を圧迫している企業が続出しています。
雇用したくても良い人材がいない!

そんな経営者の悩みを解決する方法のひとつが外国人材の採用です。

政府の方針としても外国人雇用を増やしていかなくては経済が成り立たないのは明白です。

ベトナム人材採用への近道

日本に住んでるベトナム人を採用する方法もありますが
むしろベトナム現地の若い人材を採用する方法を検討してみるのがオススメです。

その理由は「受け入れ企業が欲しい人材を採用できる」からです。

現在、ベトナムでは日本で仕事をしたい考える若者が多くいます。
大学も日本で求められる技術・経験を積んだ人材教育を実施しています。

直接現地へ行ってニーズに合致した人材を採用することができます。

 

現地採用ツアー

ベトナムの大学などへ直接足を運び、会社の方針・求める経験などから欲しい人材を探すことができます。ベトナム人は勤勉で努力家であるため、日本の企業文化に合致している人材が見つかります。

 

ベトナム人採用のメリット

ベトナム人材を採用するメリットは必要な人材を教育してくれることです。
現在、日本の企業がベトナムの大学と提携していて、日本企業側が欲しい人材をリクエストすることで、現地学校がその分野の教育を実施した学生を日本企業へ紹介してくれる制度があります。

この制度を使うことで、即戦力なベトナム人材を雇用することが可能になっています。

たとえば、自動車整備の経験・知識を積んだベトナム人材をリクエストすると、
現地の学校で自動車整備に関して勉強した生徒を雇用することができるため
余計な教育機関を大幅に削減することが可能になっています。

さらに、特定技能制度を活用して日本企業がベトナム人を受け入れることで
今まで以上に採用・雇用がスムーズになっています。